不倫の文化を顧みたときに見過ごしてはいけない事実とは

不倫は文化だ、という言葉を口にした芸能人がいるように、現代ではこと不義密通を行う男女が多く、既婚者の不倫や浮気が原因で離婚に至るという事が非常に多いです。
現代社会においても、密通や姦通と言った事を未だにし続ける人がいるわけですが、今回は「不倫の文化」について掘り下げていきましょう。

歴史から見る不倫について

まず、歴史的に見て不倫という行為自体は、中世日本ですでに確認がされています。
それだけ、不倫というのはある種人間の本能的な部分にある欲求から生まれる物だという事ですね。
それこそ、一般人は勿論ですが貴族や時の権力者なども男女問わず不倫が問題になっていたことは、ちょっと歴史をかじれば見てわかることだと思います。

過去の不倫の処分について

では個の不倫事情を見るときに、不倫、つまり姦通や密通はどういう物とされていたのでしょうか。
まず、中世時代の蜜懐法で定めた所の密通に対する処罰というのは、島流しや所有地の没収が国からされる物とされていました。
さらに江戸時代ともなると、女性の密通を発見した場合は夫やその不倫相手を殺す事が容認されていたのです。
つまり、江戸時代では不倫をした人間は殺してもいいというのが正しい認識なのですね。

現代の不倫の処罰について

勿論、現代で同じことをやれば殺人罪に問われます。
しかし、海外では不倫は死刑になるなど、不倫というのはある種殺人罪よりも重い物として扱われている国もあり、日本でもそういう時代があったのです。
現代においても姦通罪という制度こそなくなりましたが、不倫は罰則を受ける行為というのは変わりません。
不倫は文化だ、というのであれば不倫の文化を顧みなくてはいけません。
そして、その文化を顧みたときに不倫をした人間は殺されても仕方ないという事実があることを見たときに、はたして同じことが言えるでしょうか。
不倫に対する欲求があるのはわかりますが、それは開き直っていいことではないという事です。